2007年10月30日

古 民家 リフォーム

古民家 リフォーム
古民家をリフォームするにあたり、やはり子民家特有の雰囲気は十分に活かしたいところです。特に大黒柱や古い丸太の梁などは、現代の家屋にはなかなか見られません。特に子民家の二階の梁は立派なものが使用されている場合が多く、そういったものの魅力を ...(続きを読む)

築85年古民家再生リフォーム S様邸
また、古民家住宅を生かすよう、お住まい全体のトータルコーディネイトをしました。 工事後 キッチン. もともと天井高が低いお住まいでしたので、梁を表に出して、出来るだけ天井を高くしました。 また、冷蔵庫・調理器・シンク(水槽)の距離を ...(続きを読む)

古民家をリフォーム
そこで、どうにか若者に戻って来てもらいたいと考えたのが、空き家になっている古民家のリフォームだそうです。国頭村の中でも奥区には空き家が7軒もあり、その中にには明治時代に建てられた赤瓦の貴重な民家もあるそうなのです。 ...(続きを読む)

久万高原町の古民家
近所にやたら大屋根の目立つ古民家があったのでお邪魔する事に。 なんと!!そこは築170年の旧庄屋。 それも西予市野村町惣川の土居家と親戚筋らしいです。 母屋の間口は11間ほどあり本当に立派です。 民泊もあります。 ...(続きを読む)

(593)大工の技が冴えた古民家リフォームo(^-^)o
在庫がなくて、メーカーに注文をしていた天井に貼る壁紙が納品になり、ようやくRC打ちっぱなしの洋室が見事に古民家風和室に変身しました。後はお客様が大仏壇を納品するだけです。 今回の改装工事は、一般的に接着材張り合わせの簡単な工事では ...(続きを読む)

古民家再生住宅のすすめ
序「古くて新しい住宅形態――古民家再生住宅」では、「戦後から高度成長期、そしてバブル期を経て、今日まで連綿と続く日本の住宅のあり方が、今大きく問われだしている」として、「人にも自然にも優しく、心地よい住まい方の知恵や工夫で溢れた、いわば先 ...(続きを読む)

古民家に住む 古民家再生
古民家は人気も出てきており、なかなか希望の物件に出会えないかもしれませんが、古民家に住みたい!という気持ちをあきらめずに探してみましょう。古民家はそのままでは入居するのが難しい場合も多く、古民家再生を専門に行っている会社もありますので、 ...(続きを読む)


新築かリフォームか悩んでます。築55年の建坪60坪の平屋家屋です。(天井の低...
新築かリフォームか悩んでます。築55年の建坪60坪の平屋家屋です。(天井の低い物置の様な中2階あり)2階建て新築を考えていたのですが2社HMの方が見にきて材料がいいのでもったいないと言います。大黒柱、通し柱は尺寸の柱です。床柱もとてもいいものだと言います。でも、サッシ、水周り、外壁、基礎(玉石基礎のため)3000万ほどかかるそうです。2階を部屋にすることは含まれていません。仮に2階を部屋にリフォームしても天井の低い部屋しかできません。今の家の柱を使うのもサイズ、解体等、難しいものがあります。あと、1000万程追加すれば新築2階建ての家が建てれます。(床面積70坪、4000万円程で見積もりとれそうです。ヒノキの無垢材です)今の家に愛着はあるのですが地震が心配です。贅沢に思えるかもしれませんが真剣に悩んでます。ご意見をお聞かせください。(続きを読む)


posted by リフォーム道場 住まいのリフォーム「マンション編」 at 14:11| リフォームに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。